2009年02月08日

「刑事コロンボ」放映開始

今年に入ってから、NHKのBSハイビジョンで土曜夜に放映されております。もちろん徳丸は毎週欠かさず観ておりますが、記録つけるのすっかり忘れてました。で、今さらですがすでにうろ覚えの記憶をたどりながら、視聴済みの1〜5回放送分の感想だけ述べておこうと思います。

「構想の死角」
原題:Murder by the Book
出演:ジャック・キャシディ
演出:スティーブン・スピルバーグ

徳丸は、コロンボシリーズの何が好きかって、犯人のマヌケさとコロンボ警部のイヤミさ、これにつきます。
自分ではきっちり完全犯罪を築き上げたつもりなのに、どこか抜けている犯人たち。まぁ人間ですから完璧なんてありえませんものね。で、そこの部分をあとからのこのこ出てきた、よれよれコートのおっさんがネチネチと暴いていくワケですよ。犯罪が起きてからコロンボが犯人を捕まえるまで、物語の大半を占めるコロンボの針でチクチク刺すようなネチっこい捜査、アレがたまりません(笑)。

まぁこの作品は、映画監督としてデビューする前のスピルバーグが担当したらしいんですけど、そう聞くとなんとなく他の作品よりもおもしろいのかな、と思ってしまうのは凡人の浅はかさでしょうか。でも内容思い返せばそうでもないような気もしますけど(←どっちやねん)。

だいたい電話トリックってわりとクセモノなんですよね。どこからかけたか一発でわかるっちゅーねん。ラストで犯人が「自分ひとりで考えたトリックだ」って自慢してましたけど、全然大した事ないっちゅーねん。だからコンビも解消されるワケさね。


「歌声の消えた海」
原題:Troubled Waters
出演:ロバート・ボーン
演出:ベン・ギャザラ

これ演出したの、『バッファロー'66』に出てきたおっちゃんですね。なんだか親近感。

そのせいなのかなんなのか、これに関してはけっこう甘めの感想です。犯人わりとがんばってます。超細かいコロンボだからこそ見抜けた犯罪というか。コロンボが船に乗ってたのが運の尽きでしたね。

でもやっぱ、コロンボに追いつめられたら言い訳がしどろもどろになる点は、他の犯人たちと同じです。一度でいいからコロンボにまとわりつかれても平然としている犯人を見てみたいもんだ。


「指輪の爪あと」
原題:Death Lends a Hand
出演:ロバート・カルプ
演出:バーナード・コワルスキー

これけっこう好きです。数いる犯人の中でも、徳丸をイラッとさせる度合いがずば抜けて高い今回の犯人をやっつける爽快感というかなんというか。しかも今回殺されちゃうお金持ち夫人がわりと徳丸の好みなので、死んじゃって悲しいです。

しかし犯人に関していうと、まったくもって最低の部類に入ります。人物像もそうですけど事件の隠し具合?も、まったくもって適当で。まぁ計画していた犯罪じゃなく、突発的に起こった事故のようなもんですから仕方ないにしても、もちっとヒネれよと。しかも探偵事務所の社長なんだし、他にもっとやりようがなかったのかと。まったくイラつくヤツだわ。


「権力の墓穴」
原題:A Friend in Deed
出演:リチャード・カイリー
演出:ベン・ギャザラ

またもやベンちゃん作品ですが、ヘリコプターで飛んでみたりだとか、けっこう大がかりな感じがします。しかも事件が二つ起こりますねぇ。内容もりだくさんです。

今回の犯人もけっこうムカつくヤツですね。しかもコロンボの上司なのでどうなる事かと思いましたが、何の心配もなくあっさり捕まりました(笑)。最後のタネあかしはひっかかった犯人がマヌケ過ぎて笑えます。コロンボと対等に渡り合える犯人ってのはなかなかいないもんですねぇ(いたらドラマにならんが)。


「野望の果て」
原題:Candidate for Crime
出演:ジャッキー・クーパー
演出:ボリス・セイガル

これもまた電話トリックが出てきます。だからダメだってのに。案の定バレバレじゃないですか。パーティーの途中で犯人が抜け出して電話を取った瞬間「ダメだコイツ」と思いましたよ。通報場所が特定されなかっただけマシだと思いなさいよね(まぁその場合、コロンボの出番はありませんけど)。

たいてい犯人たちは、コロンボに引っかきまわされて自ら墓穴を掘る事になるんですが、今回の犯人も最後のあがきがものすごいです。あれほど苦心しても、すでに証拠品押収されてちゃぐうの音も出ませんね。完全犯罪はホント難しいなー。
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事コロンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。