2009年06月08日

Z

〈作品データ〉
「Z」
1969年 フランス/アルジェリア作品 
監督・脚本:コスタ・ガブラス
脚本:ホルヘ・センプルン
原作:バシリ・バシリコス
出演:イヴ・モンタン、ジャン・ルイ・トランティニャン、イレーネ・パパス、ジャック・ペラン、レナート・サルバトーリ、ジョルジュ・ジェレ他

むかーし観たんですよ。例によって詳細は覚えてなかったんですが(笑)、やたら長いわりに飽きっぽい徳丸が最後まで観られた事と、イヴ・モンタンのドツかれ方が不自然で、そこだけ印象に残ってました。で、今回データ取りのために見直したんですが、「あぁ、こんな映画だったのか」と今頃理解する(いつもの事だ)。

これ結局、サスペンス映画なんですね。実際に起こった野党議員暗殺事件を元にしてるらしいです。のっけから画面にでかでかとそう書いてあります。
でその殺される議員を演じてるイヴ・モンタンですが、上映時間長いわりに彼が出てくるのは合計してもほんの十数分。出てきた十分後には襲撃されるし。でそのまま死んじゃうし。でその後ジャン・ルイ・トランティニャン演じる予審判事が、集会中に襲撃されて死んだ議員の死のナゾを追っていくのです。
そもそも、議員が襲われた時、周りじゅう人だらけで詳細を目撃した人物は少ない。しかもどうやら犯行のウラには、組織ぐるみのニオイがプンプンする。これは陰謀か?一部の人間が暴走しただけなのか?スリルですねぇ。サスペンスですねぇ。

まぁ、捜査がどんどん進むにつれ、激しくなる妨害が事実を物語ってるようなものですけどね。こういう強権力発動型、徳丸は大キライなんでイ〜ッとなります(訳:ものすごくムカつく)。
しかも全然事件は解決せんし。あらゆる妨害にもめげずに予審判事くんは、事件に関わったであろうおエライさん方を起訴しまくりますが、実行犯たちは軽い刑で済み、起訴されたヤツらも結局不起訴。予審判事くんはクビ。なんでもありだわ。こういうの見たときだけ「日本に生まれてよかった」とうかつにも思っちゃいますね。それにしてもジャック・ペラン若いなー。
posted by 徳丸虎龍 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:そこそこ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。