2010年04月04日

BS2 ミス・マープル3

徳丸の中で《ミス・マープル》といえばジョアン・ヒクソンのイメージが付いてしまっているので、ジェラルディン・マクイーワン主演の今シリーズはずっとスルーしてきました(と言ってもそこはミステリー好きの悲しい性、全作しっかり観てはいますが)。
まぁ感想記録も最近サボリ気味なので、ちょっとここらで何か書いてごまかしとくかという軽い理由で今回筆を取りました(笑)。

シーズン2からミス・マープルが原作には登場しない作品も実写化されてます。つうかトミーとタペンスものに無理からミス・マープルを登場させるという荒業までやってのけてます。しかも原作のマープルシリーズでラストを飾る特別の作品『スリーピング・マーダー』を、なんとシーズン2開始時点で終えてしまいました。もうなんでもありって感じです。

とまぁいろんな意味でツッコミどころ満載なシリーズですが、今回のシーズン3は『バートラム・ホテルにて』『無実はさいなむ』『ゼロ時間へ』『復讐の女神(ネメシス)』の4作品。
『バートラム』と『ネメシス』はマープルものですが、あとの2つではミス・マープルは原作に出てこないみたいです。“みたいです”というのは徳丸が原作をまるで読んでいないからですが、ちょっと調べたところそうらしいです。
そのせいなのかなんなのか、この2作品中ではミス・マープルお得意の“容疑者をセント・メアリー・ミード村の住民に当てはめて考える”シーンが出てきません。また、もともとミス・マープルは話に出てこないせいか、彼女らしい活躍もほとんどありません。ただ事件が起こって、周りをウロチョロしてるだけです。実際に捜査している人物に向かってたまに助言を与えたりはしますが、それも無理やり出番を作ってる感じの突飛な印象。『無実はさいなむ』なんて、なんでミス・マープルが付いていながらグエンダがあんなことになんねん。つうかほとんどミス・マープルは、不思議なくらい事件に首突っ込んでこないし。「フツーだったらここでミス・マープルが出しゃばるだろうっ!!」てなぐあいにマープルファンならストレスが溜まります(笑)。まさにラストで謎解きするためだけにいる存在。そんならもともとマープルものである他の長編でドラマ作れっての。それかマープル作品とは関係なく単独で作るとか。無理からミス・マープルを登場させて、いいことひとつもありません。
それにもともと『ネメシス』を『カリブ海の秘密』の前にやってしまってどうするつもりでしょうか(予算の都合上『カリブ海』は無視する気か?)。

『バートラム』も『ネメシス』も、原作とは大幅にストーリーを変えています。ここでなぜレイモンド?なぜ双子?なぜ修道女?
ポワロさんもそうだけど、長編だと原作通り作るのが難しいのかな。クリスティー作品は登場人物が破格の多さですからねぇ。話もややこしいし。予算もたくさんかかるだろうし。
となると、原作をいじってでも観てる人にわかりやすくておもしろい作品を作ってもらうしかないのですが、まぁその点で言うと今シリーズは、これがマープルものだという部分を差し引けば、そこそこ楽しめる作品に仕上がってるんじゃないでしょうか。徳丸の中でこのシリーズは“徳丸の知ってるミス・マープルとは、名前も知人も住んでる場所も偶然同じなだけの別人”という枠で観ていきたいと思います。それなら許せるから(笑)。
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | ミス・マープル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145633531
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ミスマープル3「バートラム・ホテルにて」
Excerpt: 言わずと知れたアガサ・クリスティのキャラクター「ミス・マープル」です。原作と設定がだいぶ違いますが、小説をドラマにして「ビジュアル」で見せるには、いろいろ工夫が必要なんでしょうね。
Weblog: 映鍵(ei_ken)
Tracked: 2010-05-28 19:34

ミス・マープル3「復讐の女神」
Excerpt: 昔あった「事件」の関係者が連れ立って「ミステリーツアー」に行くという設定が面白いですね。でも、ツアーの途中で人が死んでもツアーを続けちゃうところがちょっと不思議です。
Weblog: 映鍵(ei_ken)
Tracked: 2010-06-02 19:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。