2010年09月19日

クリスタル殺人事件

〈作品データ〉
1980年イギリス「The Mirror Crack’d」
監督:ガイ・ハミルトン
原作:アガサ・クリスティー
出演:アンジェラ・ランズベリー、エリザベス・テイラー、ロック・ハドソン、キム・ノヴァク、トニー・カーティス、エドワード・フォックス、ジェラルディン・チャップリン他

前回の「地中海殺人事件」に引き続き、クリスティー生誕120年を記念しての放送です。
が、「地中海殺人事件」にしろこの「クリスタル殺人事件」にしろ、邦題にセンスがあるとはとても言えない気がします。なんで原作小説のタイトルどおりにしなかったんでしょう。そもそも「クリスタル殺人事件」という意味がよくわかりません。何よクリスタルって。
が、この「クリスタル殺人事件」、映画の原題だってちょっと引っかかります。“The Mirror Crack’d”って、なにゆえ原作タイトルから“From Side to Side”を省く必要があるのでしょう。これでは趣も何も感じられないと思うんですがねぇ。諸般の事情でしょうか。

まぁそして肝心の中身ですが、こちらはミス・マープル物です。主演は「ジェシカおばさんの事件簿」で有名な、アンジェラ・ランズベリー。徳丸にとってはミス・マープルというより“ジェシカおばさん”としての彼女の方がしっくりきます(つうかジェシカおばさんにしか見えん)。だいたいミス・マープルがタバコをプカプカ吸いますか。ミス・マープルはそんなにガラ悪くないです。

そして映画の見どころとしては、やはりエリザベス・テイラーでしょうかね。原作の雰囲気としては、犯人とその周辺の人物にけっこう同情してしまいそうな話なんですが、映画化するにあたって謎解きなんかよりもむしろ、ゴージャスな俳優陣を愛でて楽しむ作品に仕上げてるみたいです。ストーリーもわりとはしょってますし。
どうかすると大雑把な作品になってしまいそうなところですが、エリザベス・テイラーのかわいらしさでカバーしてる部分が大いにあると思います。ジェシカおばさん(じゃなくて、ミス・マープル)は今回目立った活躍はしないくせに、最初と最後にしゃしゃり出てきて、さっさと解決して気付いたら「あれ、終わり?」といった具合です。
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | お気に入り度:がんばれ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジェシカおばさんの事件簿のDVDやっと手に入れました。クリスタル殺人事件ですか、以前にたしか見たはずだけど・・わたしの中ではジェシカおばさんでの話のようにおもってしまっているフシがあります(笑)
Posted by ジェシカおばさんのDVD買っちゃいました。 at 2010年12月25日 01:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163139405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。