2010年09月19日

死との約束

〈作品データ〉
2008年 イギリス、アメリカ「Appointment with Death」
演出:アシュレイ・ピアース
脚本:ガイ・アンドリュース
原作:アガサ・クリスティー
出演:デヴィッド・スーシェ、ポール・フリーマン、ティム・カリー、シェリル・キャンベル、ゾーイ・ボイル、トム・ライリー、クリスティーナ・コール、ジョン・ハナー、エリザベス・マクガヴァン他

今シリーズで唯一徳丸が原作を読んでいる作品ですが、原作とはまったく異なる内容に仕上がっています。初見と同じようなものです(まぁたとえ原作どおりに作ってあっても覚えちゃいませんが)。

これも殺害される人物がまったく同情の余地のない、人間として最低レベルの人なので、多くの人はむしろ犯人に同情してしまうと思います。原作とは違う内容になってはいますが、これはこれでとてもよくできた作品に仕上がってます。ただ殺人への最初の伏線は、徳丸でも見抜けるものでした(笑)。

画面の雰囲気から想像するに、陰惨なストーリーとは裏腹に、俳優やスタッフ陣はとても和気あいあいと、楽しい撮影を経験したんじゃないでしょうか。けっこうヘビーな内容なのに、あまりそれを感じさせませんし。やはりロケは大変だけど楽しいんでしょうね。

はぁ、気付いたら「名探偵ポワロ」ももう終わってしまいました。ジェラルディン・マクイーワンのミス・マープルなんかどうでもいいので、早いとこ次のシリーズを放送してくださいなるべく早く。頼みますNHK。
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 名探偵ポワロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご訪問&コメントをいただきありがとうございます。当方もTBのヒモ付けばかりでコメントなしというパターンばかりで恐縮です。今後も、突然訪問するかもしれませんので。よろしくお願いします。
Posted by 13inches at 2010年11月23日 02:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。