2005年03月05日

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

〈原題・製作年〉Lock,Stock&Two Smoking Barrels(1998)
〈製作国〉イギリス
〈監督・脚本〉ガイ・リッチー
〈製作〉マシュー・ヴォーン
〈撮影〉ティム・モーリス=ジョーンズ
〈編集〉ニーヴン・ハウィー
〈音楽〉デヴィッド・A・ヒューズ、ジョン・マーフィ
〈出演〉ニック・モラン、ジェイソン・ステイサム、ジェイソン・フレミング、デクスター・フレッチャー、スティング、スティーブン・マッキントッシュ、レニー・マクリーン、ヴィニ−・ジョーンズ他
〈一口メモ〉タダ事じゃないカッコよさ。脳天突き破られちゃいそーな、イカれたストーリーにシビれる。音楽センスが超クール。サントラ最高。

徳丸は先に『スナッチ』を観たんですが、その際ブラピがこの『ロック・ストック〜』を観て次回作(『スナッチ』)出演を熱望した、というのを聞いてたんで、興味はもってたんです。

しかしあまりにも『スナッチ』が気に入ってしまった徳丸は、『ロック・ストック〜』に関してはまぁ観る機会もないし、サントラを購入してみたものの、『スナッチ』のサントラがサイコーだったんでまぁこっちのも買っておくか、ぐらいのノリだったもんで、ほとんど聴いてない状況だったんです。

しかしある日、ついにこの作品を観る機会にめぐまれた徳丸は…。映画開始5分で(こんなんばっかだな)…ヤラレてしまいました(笑)。

この映画のストーリーを一言で説明するなら、サントラについてたあおり文句がピッタリです。映画観たあとでこの言葉を見直した時、「うまいこというな」と唸った記憶があります(笑)。

“イノセンスな完全犯罪”

…まったくその通りでございます。それしか言い様がない(笑)。

まぁ『スナッチ』もそうでしたが、とにかく人がよく死にます。それもどーでもいーよーな理由で(ってそれは“理由”なのか?)。とにかく、主人公である4人の若ゾ−をはじめとして、だれひとりまともな人間は出てきません(って、ガイ・リッチーの作品はどれもそう?)。そして脇役一人一人に至るまで、皆が皆いい味だしてます。個人的にシブめのおっさん好きの徳丸は、スティングがお気に入り♪

印象としては『スナッチ』の方が内容的に洗練されててクールだし、キャストもブラピはもちろん、今やオスカー俳優のベニシオ・デル・トロもチョイ役で出てたりするんですが(徳丸はこれでベニーに一目惚れしました♪)、『ロック・ストック〜』は荒けずりな分、ハチャメチャ感(笑)がより感じられるというか、あれよあれよという間に展開する話の早さや、キャラクターたちのおとぼけぶりについつい引き込まれてしまいます。また音楽がカッコイイ!!

映画観てたら、以前CMで流れてて、ずっと「何の曲だろ、CDほしいな〜」と思ってた曲(Dusty Springfieldの『Spooky』)がまさに流れてきたんです。その時徳丸は、「この曲入ってるサントラ持ってるクセに、この曲のCD探してたのねぇ私は」と、自分のバカさ加減にあきれ果てたもんです(笑)。以来『スナッチ』よりも、こちらのサントラをよく聴くようになりました。

ちなみにこの映画、観終わった瞬間に当時の「徳丸式生涯映画ランキング」2位に躍り出ました。
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | お気に入り度:サイコー! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もこの映画好きです。「スナッチ」も。最高です!
TB貼らせて頂きました。最近アタリの映画観てないんですよね〜。なんかお勧めないですか?
Posted by あかひ at 2006年10月23日 19:56
こんばんは。TBありがとうございます。

よく考えたら、ガイ・リッチーの作品てコレと『スナッチ』の2本しか観てないんですが、どちらも今のところ徳丸の「生涯映画ランキング」上位の座をあけ渡す気配がありません。
あ、でも『Vフォー・ヴェンデッタ』には抜かれたけど(笑)。

>アタリの映画
>なんかお勧め
ムズカシイですねぇ。あんま映画に“アタリ”とか求めませんから徳丸(笑)。とりあえずカテゴリ「サイコ−!」に入ってる6本は勧められるかなぁ(←自信なさげ)。もし興味と時間があれば観てみてください。
Posted by 徳丸虎龍 at 2006年10月25日 20:53
「Vフォー・ヴェンデッタ」観てみますね。
「リベリオン」の監督でしたね。
Posted by あかひ at 2006年10月26日 07:44
↑間違えました。「リベリオン」はの監督は「ウルトラヴァイオレット」でした。
Posted by あかひ at 2006年10月26日 22:09
そういや徳丸、『Vフォー・ヴェンデッタ』については製作と脚本担当のあの人とあの兄弟しか関心がなくて(笑)、監督のコト忘れてました。
あわてて調べてようやく名前がジェームズ・マクティーグらしい、ということしかわかんなかったんですけど、他に映画撮ってないみたいですね。後でパンフ見てみよっと。

#ちなみに徳丸は『リベリオン』も『ウルトラヴァイオレット』もまだ観てないんですよ〜。
Posted by 徳丸虎龍 at 2006年10月26日 23:36
「リベリオン」なかなか良いですよ、クリスチャン・ベールが。ハハッ、私ファンですから思いっきり邪念が入って観てます。
Posted by あかひ at 2006年10月27日 01:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2262754

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。