2005年08月27日

ホロー荘の殺人

〈原題・製作年〉The Hollow(2004)
〈製作国〉イギリス
〈原作〉アガサ・クリスティ−
〈脚本〉ニック・ディア
〈演出〉サイモン・ラングトン
〈出演〉デヴィッド・スーシェ、サラ・マイルズ、メーガン・ドッズ、ジョナサン・ケイク、クレア・プライス、エドワード・ハードウィック他
〈一口メモ〉作品の出来とかそんなことより、エドワード・ハードウィックに注目してください。私のワトスンくんです。

BS2ポワロ祭り最終日を飾るのは『ホロー荘の殺人』。しかしそんなのそっちのけで、徳丸の心は久しぶりに再会したワトスン君に夢中(笑)。番組紹介見た時から「きゃ〜んエドワード・ハードウィックが出てる〜♪わ〜いわ〜い」状態だったので、待ちかねて待ちかねて。ちょっと肥えましたねぇ彼。そして当たり前ですがお年を召されました。でも優しい紳士といった面影はそのまんま。彼とスーシェが一緒にいると、徳丸の目には“ワトスン君とポワロさんが並んでる”としか認識できず、慣れるまでヘンな違和感を拭えませんでしたよ(笑)。

さて今日の作品ですが、徳丸がおバカなせいなのでしょうか、どうにも“動機”が釈然としなくて。いや犯人のじゃなく、その…、ねぇ。事件にいろいろと関わってる人たちのさ。「なんでそんなことする必要があるの?」といった素朴な疑問が頭から離れず。家柄?体裁が悪いから?友情?同情?よくわかりません。そもそも徳丸、登場人物たちの相関図もよく把握しとらんのですが(笑)。親戚だっちゅーのはかろうじてわかりますが、一体なんなのこの人たち。女主人はムカつく奴だし(笑)、ミッジとかいう女の子はいてもいなくても同じよーなカンジだし、ジョンとかいうスケコマシはかなりイタイ奴やし、それに群がる女どもはもっと救いよーがないし。

ま、一言でいうと今回の作品を徳丸は“気に入らなかった”というワケで(笑)。なんかねぇ、前日までの3作品ほどの出来ではなかったかな。真相がわかったって心に響くものがないのよ。だって今回の場合、犯人がわかった後その告白を聞いても、「それはアンタが単にバカなだけなんじゃ…」としか思えなくって。だから余計、みんなの“行動”がナゾ。原作読めば少しは理解できるんだろーか。ドラマよりは人物描写を詳しく描いてるかもしんない。演出の問題なのかもしれないし。今回イマイチ物語に入り込めなかった徳丸にとって、ワトスン君の笑顔だけが心のオアシスでしたよ(笑)。

あぁ、これでポワロ祭りも終わりか。早く続きやってもらいたいな−。徳丸的には『ヘラクレスの冒険』を映像化していただきたいんですけどっ。スーシェが60代とか70代になる前に(笑)、ぜひともよろしく!
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(3) | 名探偵ポワロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
エドワード・ハードウィック、懐かしかったですね。頭のツルツル具合がよかったです(^_^;) 多少老けましたが、まだまだ元気そうでしたね。
Posted by Yuseum at 2005年08月28日 23:29
コメントありがとうございます。

徳丸の中でエドワード・ハードウィックは、“永遠のワトスン君”でございます。ジェレミーが“永遠のシャーロック”であるように…(うるうるっ)。
Posted by 徳丸虎龍 at 2005年08月29日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ホロー荘の殺人(名探偵ポワロ)
Excerpt: NHK-BSホームページ まずは関連ニュース。 名探偵ポワロ 完全版 DVD-BOX 1出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ発売日: 2005/08/26メディア: DVD 8/..
Weblog: ミステリ通信「みすみす」blog
Tracked: 2005-08-28 23:28

『ホロー荘の殺人』 名探偵ポアロ
Excerpt: この夏のNHKからの最大の贈り物、第四話。 本筋とは関係ないが、『シャーロック・ホームズの冒険』で二代目ワトソン役を演じたエドワード・ハードウィックが、サー・ヘンリーを演じていた。懐かしいなぁ。..
Weblog: 千鳥屋本舗
Tracked: 2005-08-30 21:18

ワトソン君、基本的なことだよ
Excerpt: 最近気が付いたのですが、映画『オリバー・ツイスト』に反応してくださるかたがたの中に シャーロッキアンの方が多いことに。 シャーロッキアンと言えば、イギリスの誇る名探偵シャーロック・ホームズのフ..
Weblog: 映画『オリバー・ツイスト』ブログ 〜ロンドンまで70マイル〜
Tracked: 2006-01-19 05:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。