2007年11月03日

アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵

〈原題・製作年〉Mon Petit Doigt M'a Dit...(2005)
〈製作国〉フランス
〈監督・脚本〉パスカル・トマ
〈原作〉アガサ・クリスティー
〈製作総指揮〉オリヴィエ・オルレ
〈脚本〉フランソワ・カヴィリオーリ、ナタリー・ラフォリ
〈出演〉カトリーヌ・フロ、アンドレ・デュソリエ、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、ローラン・テルジェフ、ヴァレリー・カプリスキー他
〈一口メモ〉クリスティーの創造した“おしどり探偵トミー&タペンス”シリーズが原作の作品。しかし徳丸は、クリスティーといやぁポワロさんかミス・マープルしか知らんので、その辺り特に何も言う事ございません(笑)。どこまで原作イジられてんのかわからんし。ただひとつ言えるのは、タイトルが示すところの“名探偵”っつーのは、かなり強引な解釈だぞってところですかな(笑)。奥サマの捜査、全部偶然と幸運で片付けられとりますがな。ちゃんと推理しろよ推理を。

さて、徳丸にとっては久々の映画鑑賞なんですが、その久々の作品がコレということでちょっとねぇ(笑)。いやね、悪くない映画ではあるんですよ。主演のお二人はとっても素敵なカップルぶりですし。特に奥サマのプリュダンスを演じるカトリーヌは、上品な大人の女性のかわいらしさをかもし出してて、徳丸は好きです。フランスのキレイでのどかな田園風景も映し出されて、観てて癒されるって感じ。まぁ、徳丸が住んでるところもこんな感じだけど。田舎って国を問わず、どこも似たり寄ったりなのかね。

でまぁ、別にこれがね、クリスティーの原作じゃなかったら徳丸も広い心で見逃してあげられたんだけど(笑)、肝心の奥サマの名推理ってのが“ただの女のカン”だとか、“何そなくそんな気がする”的レベルのものなので、それはちょっとどーなのかと。特にラストで真相に迫るところなんか、プリュダンスはあれで殺されなかっただけラッキーてモノですよ(笑)。徳丸でさえ、屋敷の入り口で手招きしてるばーちゃん見た時点で「あぁ、コイツが元凶かよ」ってピンと来たのに、そこでのこのこついて入ってどーするよプリュダンス。彼女の推理力もコレで知れたよーなもんだ。ポワロさんが見たら怒るぞきっと。


posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | お気に入り度:がんばれ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

<アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵> 
Excerpt: 2005年 フランス 108分 原題 Mon petit doigt m'a dit... 監督 パスカル・トマ 脚本 パスカル・トマ  フランソワ・カヴィリオーリ  ナタリー・ラフォリ 撮影..
Weblog: 楽蜻庵別館
Tracked: 2007-11-07 01:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。