2007年11月17日

第2話「名誉の問題」

〈一口メモ〉ハイハイハイ、アランくんドラマの第2週目ですよ〜。今回は女性陣が大活躍。若くてカワイイ部下の女の子から、ずぅっと存在すら知らなかった娘から、そして美人署長から、アランくんへとキスの嵐ですわ(笑)。私のセバスチャンもアランくんの娘と絡むシーンが多くて、ちょっとジェラシー感じてます(笑)。ラストで娘が誘拐された時はホッとしました(←オイオイ!)。

つう事で今回の第2話は、昔殺し屋やってたじいさんどもが連続して殺されていくという事件が発生しておるワケですが、徳丸は“アランくんのモテモテぶり”と“セバスチャン&ニーナ(←アランくん=フランクの娘)のイチャつきぶり”という2点にしか関心がもてず、「オゥそういやなんか事件があったな」ぐらいな感想しかないのですが。まぁね、話の方はまだまだ核心部分には触れておらんので、そう気にする事もないんですよ(←何このテキトーな見方)。ジャック・ペラン演じる、フランクの友人である警察長官が、そろそろ本性をあらわし始めたなって事と、フランクの娘:ニーナもどうやらマフィアと関わりがあるらしい、ってところを押えときゃ大体つかめるでしょう(←いーかげん)。

いやー、それにしても今回は、フランクの周りの女性陣の積極的な行動に、徳丸は感激いたしましたよ(笑)。出勤してきたフランクにいきなり“チュッ♪”をお見舞いするジュリエットとか、そっけないフランクに対して、あからさまに不機嫌な態度で自分の気持ちを表現する署長とか、やっぱおフランスの女性って、なんかイイな〜。自分の気持ちに正直でまっすぐで、なんかカワイイよね。今回の件で徳丸は、もともと好みだったジュリエットがますます好きになりました♪彼女の“チュッ♪”はすっごくキュートでした。

でぇ、もうひとつの徳丸の関心事、ニーナとセバスチャンの方ですが、どうやら男がらみで逃げ回ってるらしい娘を、フランクがセバスチャンの家にかくまうワケですよ。そこでずぅっっとイチャらイチャらしてるワケっすわ二人がァ(←ハイ、徳丸イライラしてますよ〜)。セバスチャンが眠ってると思い、逃げ出そうとして鍵を取ろうとしたニーナを彼が抱きしめるシーンなんて、観るのがどれだけつらかった事か(笑)。あぁ〜んアタイもセバスチャンに“ギュッ”とされた〜いっっ!!今後の展開が不安なんっすけどォ、まさかニーナとセバスチャンが…ってな事になりはしないっすよねぇ!誰か違うと言ってくれ(←切実)!
# そういやセドリックは、『刑事物語』の時もアランくんのカノジョ(…とは言い切れんが)かくまってたな。いつもアランくん絡みの女を任される役なんだなァ。

今回もアランくんとセドリックの絡みのシーンが多かったんですが、やはり『刑事物語』の時より、かなり打ち解けてるな〜って気がしました。もうお互いの呼吸がよくわかってるから、セドリックも前回よりのびのびと演技してると言うか、アランくんの胸を存分に借りてるって感じがしますねぇ。またアランくんはアランくんで、俳優としても男性としても、フトコロの深さを見せてくれてますし。いや〜ん、なんとステキなツーショットなんでしょう、この二人!来週も二人でたくさん活躍してくれる事を期待しとります。でもニーナとの絡みは少なめ目でね(←…っつっても話的に、ムリなんだな〜コレが)!
この記事へのコメント
徳丸様こんばんは。
第2話のレビューも楽しく拝読いたしました。
セドリック・シュバルメとの息の合ったコンビぶりはなかなかいい感じですね。
しかしこの日本題名は何なのでしょうか?
原題は『十字の勲章』で、謎の殺し屋が現場に残していくペンダントのことを意味してます。
変ですね。
今日の私の記事をトラバいたしました。よろしくお願いします。
Posted by チェイサー at 2007年11月18日 20:41
こんばんは〜、あれ、原題では『十字の勲章』なのですか。そっちの方がしっくりきますねぇ。何が『名誉の問題』やねん。一体どこいらへんが“名誉”なのか。娘がいた事が“問題”なのか?相変わらずわっけわっかんね〜なアランくん〜(笑)。
Posted by 徳丸虎龍 at 2007年11月18日 23:02
徳丸さん、こんにちは。
>フランクに対して、あからさまに不機嫌な態度で自分の気持ちを表現
おおっ徳丸さんも、ここに注視されていたのですね。あれはドキドキものです。しかもデートしてキスまでしちゃいましたね。次の日、職場で気まずくないのかな?
それに、ミレーユ・ダルクはどうなるんだろう?
>セバスチャンが眠ってると思い、逃げ出そうとして鍵を取ろうとしたニーナを彼が抱きしめる
セバスチャンは、ニーナにだけ敏感なのではないでしょうか?あれは職務だからではなく、ニーナに逃げられたくないからですよ、きっと。
だって、宅配業者に化けたギャングたちにあんなに簡単にだまされるんですから。
それにしてもニーナ、あれはフランクの娘ではなく、孫の年齢ですよね。つまり、おなかのこは、ひ孫?
では、また。
Posted by トム(Tom5k) at 2008年11月16日 15:47
トムさん、こんにちは。

もはや1年前の事なので、作品についてうすぼんやりとした記憶しかなくて申し訳ありません(笑)。

>それにしてもニーナ、あれはフランクの娘ではなく、孫の年齢ですよね。
↑言われて「そういやそーだな」と思いました。
一応ドラマ内では完全に“娘”です。

>ミレーユ・ダルクはどうなるんだろう?
ミレーユはですね…フッフッフ、ナイショです(笑)。
まぁどっちにしろ、ブッ飛んだ展開が待ってます。

トムさんはこれからこのドラマを楽しめるんですよね。いいなぁ。徳丸は最近アランくん作品を眺めてないので、つまらんです。
また鑑賞後の感想を聞かせてくださいね〜。
Posted by 徳丸虎龍 at 2008年11月22日 16:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

FRANK RIVA アラン・ドロンの刑事フランク・リーヴァ (2)-2
Excerpt: 先週から放映が始まったこのドラマですが、 これまでフランス語盤DVDで推測しながら鑑賞していた部分が明らかになるにつれ 改めてこのドラマがよくできていることに感心させられています。 粋な台詞のやりと..
Weblog: LE REGARD D'ALAIN DELON
Tracked: 2007-11-18 19:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。