2005年11月21日

七つの大罪

〈原題・製作年〉Les Sept Peches Capitaux (1952)
〈製作国〉フランス
〈監督・出演〉エドゥアルド・デ・フィリッポ
〈監督〉ジャン・ドレヴィル、イヴ・アレグレ、ロベルト・ロッセリーニ、カルロ=リム、クロード・オータン=ララ、ジョルジュ・ラコンブ
〈音楽〉ジョルジュ・オーリック、ルネ・クロエレック
〈出演〉ジェラール・フィリップ、ノエル=ノエル、ミシェル・モルガン他
〈一口メモ〉7つの短編からなるオムニバス。最後の“大罪”で、ジェラールにひっかけられぬようご用心(徳丸は見事ひっかかりましたから)。

キリスト教神学の七つの大罪:傲慢、嫉妬、暴食、色欲、怠惰、貪欲、憤怒をモチーフにした映画…といえば、徳丸はやはりデビッド・フィンチャーの『セブン』を思い出しちゃうワケですが(つうか、それしか知らん)、こちらの『七つの大罪』の方は7話に分かれたオムニバスで、ジェラール・フィリップが各話のナビ役を務めます。アランくんとタイプは違うものの、同じくフランスを代表する男前であるジェラール。その端正なお顔はまさしく徳丸好みなのに、出てる映画には食指が動かず長いこと彼とは縁がなかったのですが、やっとこさ観る機会が訪れましたよ。内容も、『セブン』の影響で観る前には「一体どんなおどろおどろしいお話が待ちうけているのか…」なんてドキドキしちゃってた徳丸ですが、いざフタを開けてみると、なんてことない“ほのぼの系”だったのでひと安心いたしました(笑)。

〈その1:強欲と怒り〉
出店の的当て場みたいな所でお客を呼び込むジェラール。その的というのがそれぞれ「強欲と怒り」「怠惰」「肉欲」「ねたみ」「大食」「高慢」となっており、客が的を当てるとそのお話が始まるという仕組みです。最初は「強欲と怒り」という二つの罪を一つにまとめたお話で、ケチンボ家主とその妻の夫婦ゲンカのてん末記と、そこに借家人であるビンボーなクラリネット奏者の話が絡んできます。なんと言ってもダンナのケチぶりにブチ切れた家主の妻が、ヤケクソで“ひとり髪切りデスマッチ”をおっぱじめるところが見物ですねぇ(笑)。「一体いつ殺人が起きるの?いつ?いつ?」とかってひとりハラハラしてた徳丸は、ここでこの映画の毛色を嗅ぎとりました(笑)。窓から大金を嫁にバラまかれて途方に暮れる家主と、“正直者はバカをみる”と落ち込みかけてた借家人に訪れるささやかな幸運を対比させる陳腐なラストなんか、ほのぼのしててイイですねぇ(笑)。

〈その2:怠惰〉
天上界の人々を登場させ、シンプルな寓話に仕立ててます。せかせかした現代社会をチクリと皮肉りたかったみたいです。“可もなく不可もない”って感じのお話。

〈その3:肉欲〉
小娘の妊娠騒動を描いてますが、なんかよく分からんお話。〈奔放な母親に反発する思春期の娘の心〉を描きたかったのかな?それとも〈“肉欲”に溺れる大人の姿〉を少女の目を通して描きたかった…とか。う〜ん、わからん。

〈その4:ねたみ〉
精神的に追いつめられた新妻が、最後にダンナの飼い猫を虐待して破滅(?)する、といった話ですが、画家であるダンナは自分だけ友人やモデルたちと楽しくやってるワケですよ。嫁は家に縛りつけといてサ。家では嫁よりも猫の方をかわいがるし。おまけにラストでは、自分の振る舞いは棚に上げ、嫁をさんざん罵るんですな。つうか、嫁がそーなったのって、そもそも彼女をほったらかしてたお前のせいだろーがよ。お前に「才能豊かな私や友人たち、そして美しいこの猫のことをお前はねたんでるんだ」とか言われたって説得力ねーよ。一体なんやねんこのナル入りまくりのバカ男は。そしてまた、このバカにいーようにされてる嫁も嫁やがな。“ねたみ”を描いたというより、“バカ夫婦のバカっぷり”を描いた、としか思えませんが。

〈その5:大食〉
7話の中で一番ほのぼのしてます。もう、“そのまんま”な話ですもん。一体どんな味がするチーズなのか、ぜひとも知りたいところですねぇ(笑)。

〈その6:高慢〉
これもよく分かりませんでした。まとめようとしてまとまりきらなかった、みたいな感じがするんですけど。
娘役の女優さん(ミシェル・モルガン)を撮りたかっただけ?

〈その7:???〉
この映画オリジナルの“大罪”がオマケです。ジェラールが語ってくれますよ。徳丸はまんまとハメられました(笑)。だって全裸で前バリだけした女性が出てきたりするんですもん。そりゃ「えぇっ!?」と目を疑うでしょーが。何度も巻き戻して確認した徳丸。まさに“思うツボ”ですな(笑)。コレが他のヤツだったら当然「なんやそれ!」とツッコミ入れたいところですが、諭してくれるのがジェラールなので思わず「ハイ」と自分の“大罪”を認めちゃいましたよ(笑)。つくづく男前に弱いなぁアタシは。
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:やるじゃん! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。