2010年06月06日

座頭市千両首

〈作品データ〉
1964年
監督:池広一夫
企画・脚本:浅井昭三郎
脚本:太田昭和
原作:子母沢寛
出演:勝新太郎、島田正吾、坪内ミキ子、長谷川待子、城健三朗他


女の子が演じてみたり、アイドルが演じてみたりといまだ人気の衰えぬ座頭市シリーズですが、やはり本家本元はおもしろいです。この映画観た翌日に会社の同僚に内容を説明したのですが、市のセリフを言うときは知らず知らずのうちにしゃべり方が市風になってしまい、爆笑されました。まるで北島マヤばりですが、それぐらい夢中になって観られる映画です。

昔、市が立ち寄った村はいくさ中で、それに参加していた村人がひょっこり市と出くわします。
で、周りには誰もおらず、どう見たって市はただの通りすがり。それに斬りかかる理由はまるでないのですが、無謀にも市に向かっていく村のお人。そして例のごとくあっさりやられます。そのことを苦にして市は数年後にその斬った村人の墓参りに立ち寄ったわけです。
いくさ上のことだし、しかも斬りかかってきたのは相手の方だし、本来なら市がそこまでするいわれはなさそうですが、「斬らなくていい人を斬ってしまった」と、お墓に向かって謝る市をじっと見つめる馬子の女の子。彼女は実は市に斬られた村人の妹でした。
さぁそこから市は、計らずもその村を席捲する悪代官の陰謀に飲み込まれていってしまいます…。

ここいらへんでタイトルの“千両首”の意味がわかってきますが、国定忠治とかがフツーに出てくるので少々ビックリしました。あぁそうか実在の人物だっけ。
忠治親分と市とのやり取りも、これまた任侠ものっぽくて(イヤ、任侠ものですけどね)なかなかにシビれます。まぁ要は村人たちが必死で集めた千両をめぐって代官の陰謀が炸裂し、市と忠治親分に盗人の疑惑がかかって村人たちから迫害され、身の潔白を証明するため市が立ち上がる…といったストーリーです。ちなみに忠治親分は落ちぶれているので何の助けにもなりません。市が一人で奮戦します。
それにしても市は人を斬る方が専門だと勝手に思ってましたが、敵地に乗り込んで潜入捜査をしたり、金で情報収集してみたり(その後やっぱり斬りますが)と、なかなかな頭脳プレーを見せてくれます。ちょっとした名探偵です。

しかしやっぱりこの映画の魅力は、市の殺陣シーンでしょう。口だけ達者の悪役が市の相手として出てきますが、こいつはラストで市と対決するときにわざわざ馬でやってきて、武器のムチ(!)を使っていきなり市を馬で引っ張りまわします。こんなものタイマンも何もあったモンじゃありません。まったく卑怯なヤツです。
まぁしかしいざ対峙してみるとあっさり殺られるので、彼なりにがんばったのだということにしておきましょう。
他にも忠治親分を助けるために市がおとりになって役人どもをおびき寄せるシーンがありますが、そこでは市の約百人斬り(←数暫定)が見られます。そのとき市はいきがかり上子どもを連れてるんですが、敵をザバザバ斬りながらまとわり付いてくる子どもをよく間違えずに斬らないもんだと感心させられます。さすがです。

終わりに余談ですが、映画序盤で市が村人たちとお祭りの太鼓を叩くシーンがあります。そこでバチをカッコよくクルクルッと回して受け取る市ですが、どう見てもあきらかにバチを凝視してます。思わず「今見た!バチ見た!」とツッコミ入れちゃった徳丸でした(笑)。
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:なかなか! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

殺人捜査線

〈原題・製作年〉The Lineup(1958)
〈製作国〉アメリカ
〈監督〉ドン・シーゲル
〈製作〉ジェイム・デル・ヴァレ
〈脚本〉スタイリング・シリップハント
〈出演〉イーライ・ウォーラック、ロバート・キース、ワーナー・アンダーソン他
〈一口メモ〉始まってスグから、クールでカッコイイ作品だなっていうのが雰囲気でわかります。登場人物たちの会話がオシャレですし、洗練されてて無駄がないって感じです。演出自体も計算され尽くした感があって、最初から最後まで安心して観ていられます。しかしラストは…ほんのちょっとツッコミ入れたくなります(笑)。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | お気に入り度:なかなか! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

新・片腕必殺剣

〈原題・製作年〉新獨臂刀(1971)
〈製作国〉香港
〈監督〉チャン・チェ
〈出演〉デヴィッド・チャン、ティ・ロン、クー・フェン、リー・チン、チェン・シン他
〈一口メモ〉凄まじすぎます(笑)。何が凄まじいってアナタ、映画開始直後から立ちのぼるこの、天然の迫力。主人公が馬に乗って走ってきた時点で「ヤラれた!!」って感じです。“チャーラッチャチャー♪”とかいう軽快なテーマソング(?)が、やたらと耳に残って離れません。ずっと観てるうちにこの曲が流れてくると、無意味にワクワクしたりします(笑)。ラスト15分の皆殺しシーンも圧巻です。武闘映画好きなら一見の価値があるでしょう。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入り度:なかなか! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

キンキーブーツ

〈原題・製作年〉Kinky Boots(2005)
〈製作国〉アメリカ、イギリス
〈監督〉ジュリアン・ジャロルド
〈製作〉ニコラス・バートン、スザンヌ・マッキー、ピーター・エテッドギー
〈脚本〉ジェフ・ディーン、ティム・ファース
〈音楽〉エイドリアン・ジョンストン
〈出演〉ジョエル・エドガートン、キウェテル・イジョフォー、サラ=ジェーン・ポッツ、ジェミマ・ルーパー、リンダ・バセット、ニック・フロスト、ロバート・パフ他
〈一口メモ〉倒産寸前の靴工場を相続した主人公が、ひょんなことから知り合ったドラァグ・クイーンの協力をえて、工場の社長としても一人の男性としても成長していくサマを描いた作品。実話を基にしているそうです。
徳丸はどうもドラァグ・クイーンの出てくる作品に甘いので、この作品も例にもれず高評価です。始まって数分で「おぉ!こりゃイイ」と思いました(笑)。自分の好みにピッタリくる映画ってのは、そんなもんですよね。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:なかなか! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

16ブロック

〈原題・製作年〉16 Blocks(2006)
〈製作国〉アメリカ
〈監督〉リチャード・ドナー
〈製作〉ジム・ヴァン・ウィック、ジョン・トンプソン、アーノルド・リフキン、アヴィ・ラーナー、ランドール・エメット
〈製作総指揮〉アンドレアス・ティースマイヤー、ジョセフ・ローテンシュレイガー、ダニー・ディムボート、トレヴァー・ショート、ボアズ・デヴィッドソン、ジョージ・ファーラ、ハディール・レーダ
〈脚本〉リチャード・ウェンク
〈出演〉ブルース・ウィリス、モス・デフ、デヴィッド・モース、デヴィッド・ザヤス、ケイシー・サンダー、ジェナ・スターン、シルク・コザート他
〈一口メモ〉ハイハイ、お約束のブルース・ウィリス出演作ですよ。観ればイイんでしょ観れば(←別に誰からも強制はされてないのだが)。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:なかなか! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

トランスフォーマー

〈原題・製作年〉Transformers(2007)
〈製作国〉アメリカ
〈監督・製作総指揮〉マイケル・ベイ
〈製作〉ドン・マーフィー、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、イアン・ブライス
〈製作総指揮〉スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン
〈脚本〉ロベルト・オーチー、アレックス・カーツマン
〈出演〉シャイア・ラブーフ、ミーガン・フォックス、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・ヴォイト、ジョン・タトゥーロ、レイチェル・テイラー他
〈一口メモ〉わりとおもしろかったッス。映像テクノロジーの進歩を存分に堪能できる仕上がり。今や映像化できないものは何もないって感じやねぇ。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | お気に入り度:なかなか! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

ジョニーは戦場へ行った

〈原題・製作年〉Johnny Got His Gun(1971)
〈製作国〉アメリカ
〈監督・原作・脚本〉ダルトン・トランボ
〈製作〉ブルース・キャンベル
〈出演〉ティモシー・ボトムズ、キャシー・フィールズ、ダイアン・ヴァーシ、ジェイソン・ロバーズ、マーシャ・ハント、ドナルド・サザーランド他
〈一口メモ〉『ダンサー・イン・ザ・ダーク』と並んで、徳丸が二度と鑑賞できない映画の筆頭株ですな。しかし今回この記録をつけるため、がんばってイヤイヤ観ましたがな(笑)。最初から最後まで痛烈な皮肉で彩られた、とってもとってもとってもコワ〜イ作品。原題にも深い意味があります。戦争したい人もしたくない人も一度は観とかなきゃね。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:なかなか! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

死刑台のエレベーター

〈原題・製作年〉Ascenseur Pour L'echafaud(1957)
〈製作国〉フランス
〈監督・脚本〉ルイ・マル
〈原作〉ノエル・カレフ
〈製作〉ジャン・テュイリエ
〈脚本〉ロジェ・ニミエ
〈撮影〉アンリ・ドカエ
〈音楽〉マイルス・デイヴィス
〈出演〉ジャンヌ・モロー、モーリス・ロネ、ジョルジュ・プージェリー他
〈一口メモ〉邦題がカッコイイよね。つうか昔の映画の邦題って、カッコイイの多いですよね。なんで最近のにはそーいうのってないんだろ。素朴に疑問だわ。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:なかなか! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

女王蜂

〈製作年〉1978年
〈監督・脚本〉市川崑
〈製作〉馬場和夫、田中収
〈原作〉横溝正史
〈脚本〉日高真也、桂千穂
〈出演〉石坂浩二、中井貴恵、岸恵子、司葉子、高峰三枝子、仲代達矢、加藤武、大滝秀治、小林昭二、伴淳三郎、神山繁、沖雅也、三木のり平、草笛光子、坂口良子、萩尾みどり、常田富士男他
〈一口メモ〉“女王蜂”ってぐらいだから、かなり美しいヒロインのはずですよねぇ。彼女に群がった男どもは、次々と殺されていくワケですからねぇ。ただ今回は、もうそのまま萩尾みどりサンが母と娘のニ役をすればよかったんじゃない、とシンプルに思ったりしました。…いや別に徳丸は、中井貴恵サンがキライなワケじゃありませんよー。なんかちょっと役柄に関して違和感を感じただけなんで。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | お気に入り度:なかなか! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

獄門島

〈製作年〉1977年
〈監督・製作〉市川崑
〈製作〉田中収
〈原作〉横溝正史
〈脚本〉久里子亭
〈出演〉石坂浩二、大原麗子、司葉子、佐分利信、草笛光子、東野英治郎、浅野ゆう子、加藤武、大滝秀治、上條恒彦、松村達雄、小林昭二、ピーター、三木のり平、坂口良子、池田秀一、荻野目慶子他
〈一口メモ〉おどろおどろしい内容とは裏腹に、のっけからやけに軽めの音楽が流れてて違和感をもったんですけど、結局前2作より底が浅めの作品に仕上がってました。謎解ときとかそんなのより、市川監督の撮影手法などを堪能する作品なんでしょうね。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:なかなか! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。