2010年07月04日

プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂

〈作品データ〉
2010年
監督:マイク・ニューウェル
脚本:ボアズ・イェーキン、ダグ・ミロ、カルロ・バーナード
原案:ジョーダン・メックナー
製作:ジェリー・ブラッカイマー
出演:ジェイク・ギレンホール、ジェマ・アータートン、ベン・キングズレー、アルフレッド・モリーナ他


超ひっさびさに映画館での映画鑑賞です。友人Kとともにガッラガラの場内で(自分ら以外に2名しかおらず)、ほぼ貸し切り状態で観てきました。まぁ公開期限が終わる直前だったから仕方ないのかもしれませんが。

結論から言うとそこそこおもしろかったです。さすがジェリー・ブラッカイマー、儲かる映画の作り方を心得てるって感じです。心には響かないけど「コレは超大作なんダッッッ!!」と押し切られると「あぁ、そうなのかな」とふと思わせられるからフシギです。
しかしアクション映画が好きなら、ストーリーはそれほど複雑じゃないし、子どもから大人まで楽しめるような作りになってますよ。
ただ徳丸的には例の“時間を戻せる短剣”の使い方にやや疑いが残るのですが。確か時間の砂を入れなきゃ機能しないはずなのに、話が進むにつれてわりあいカンタンにじゃかじゃか時間戻してたような気がいたしますけど。タミーナ王女もそんなに砂は持ってなかったように記憶しますが。

まぁ細かいこと気にしてたら超大作は作れないのでそのへんでおいといて、ちょこちょこ感想だけ述べておくと、基本的に徳丸の守備範囲に入っていないジェイク・ギレンホールが今回役づくりのためにえらくマッチョになっていて、時折レッチリのアンソニーとダブって見えてえらい迷惑でした(笑)。私のアンソニーとかぶるなんて百万年早いわっっ。

で、ヒロイン役の女の子が新人さんらしく見慣れぬ顔でしたが、ポスターなんかでも目ヂカラバッチシで、なかなかに存在感がありました。友人Kは「デミ・ムーアに見える」を連発していました。今後の活躍に期待したいものです。

ベン・キングズレーやアルフレッド・モリーナにいたっては今さらどうこう言うほどのこともありませんが、けっこう序盤でベン・キングズレーが悪の親玉だなってバレてしまうところがほほえましかったです(笑)。目の周りが黒くフチどりされ、明らかに「コイツ、悪役だな」というのがみえみえなんです。アルフレッド・モリーナは役ごとに毎回雰囲気をガラリと変えてきますが、今回も砂漠の賞金稼ぎ的役割を見事に演じております。
最初主人公の敵っぽかったこの人が、あっさり味方になってくれるところもストーリー展開の早さを語る上で欠かせません。ていうかこの映画、基本的に悪役はベン・キングズレー&その子分(?):暗殺集団ハッサンシンぐらいで、あとはみんないい人です。
主人公王子の兄ちゃんたちもベン・キングズレーに利用されてるだけで、ちゃんと話をするとけっこう聞いてくれる物分りのいい王子たちですし。

しかし2時間弱ぐらいさまざまな冒険を重ねてきて、最後の最後で元に戻って全部なかったことにするというのもなかなかに勇気のある展開だなと思います。
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:そこそこ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

タワーリング・インフェルノ

〈作品データ〉
「The Towering Inferno」
1974年 アメリカ作品
監督:ジョン・ギラーミン、アーウィン・アレン
脚本:スターリング・シリファント
原作:リチャード・マーティン・スターン、トーマス・N ・スコーティア、フランク・M ・ロビンソン
音楽:ジョン・ウィリアムズ
出演:スティーブ・マックィーン、ポール・ニューマン、フェイ・ダナウェイ他

これもたまたま勢いで観てしまった映画。主役の二人はもちろんなんですが、エンドクレジットのキャストを見ても、すんごい豪華な顔ぶれが並んでます(それ見ないと誰が誰か徳丸にはわかりませんが)。
なんか相当お金がかかってるっぽい映画です。

超高層ビルで起こった火災と、人々の救出劇を描いた作品。次から次へと悲惨な状況が巻き起こり、「アラこの人まで」というような人物が犠牲になっていきます。
迫りくる火災に対して、人間たちはあの手この手で対抗するのですが、容赦ない炎の勢いになすすべもなく、次第に追い詰められていきます。“インフェルノ(=地獄)”とはよく言ったものです。

パニック映画なので視覚的にはどうしても火災の凄まじさとかに目が行きがちですが、追い詰められた人々の心理描写なんかも丁寧に描かれています。助かるかどうかわからない状況の中で、それでも希望を捨てずに大切な人との絆を強めていく人々。こういう極限状態にもし置かれたら、自分ならどうするかと考えちゃいますね。
その人の本質みたいなものが暴かれるじゃないですか。自分ならどうなるのかなと。

まぁとりあえず、最後はチカラワザで「最上階の貯水タンク爆破して火を消せ!!」みたいな流れになります。ほんとヤケクソです。
まぁ階段はもちろんエレベーターもダメ、ヘリコプターもダメ、救助リフトもちんたら過ぎて間に合わないってことで、ほんとに最後の手段ってことになるんですが、よくこれで収束したもんだなと(まぁそれが映画の醍醐味ですが)。
現実的にはあんなモンで火が消えるような気はしないんですが、そこはホラ、映画だから。

ラストはスティーブ・マックィーンの教訓めいたセリフで締めくくられます。何事も安全性をおろそかにしたら、痛いしっぺ返しがくるということでしょうか。しかし彼といいポール・ニューマンといい、男前ですなぁやっぱし(←今頃?)。
posted by 徳丸虎龍 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:そこそこ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベン・ハー

〈作品データ〉
「Ben-Hur」
1959年 アメリカ作品
監督:ウィリアム・ワイラー
脚本:カール・タンバーグ
撮影:ロバート・サーティース
音楽:ミクロス・ローザ
出演:チャールトン・ヘストン、ジャック・ホーキンス、ハーヤー・ハラリート、スティーブン・ボイド他

ある日テレビつけたらやってました。で、別に観る気はなかったのにいざ観始めたらやめられなくなって、合間にちょこちょこ用事しながら観てました。
この映画にしろ『十戒』にしろ、昔から何度もテレビ放映されているので、徳丸の中では“きちんと観たことないのになんとなく観たような気がする映画”の筆頭でありました。
この機会にとくと拝見したワケですが、最初やたら主人公が「ユダ、ユダ」と呼ばれてるので「誰やねんコレ。ベン・ハーはいつ出てくんねん」とか思ってたらその人こそベン・ハーでした。
“ユダ・ベン・ハー”というのが正式名称のよう。こんな基本すら知らない有様では先が思いやられます。

とにかくベンさんというのは、ユダヤの王族の息子さんのようです。で、その親友のメッサーラくんというのがユダヤも含めたその辺り一帯(←ここいらへんあいまい)を支配するローマ帝国の兵士になって、ベンさんと対立する立場になってしまうワケです。
ある日街へとやってきたローマ軍の行進時にアクシデントが起こり、そのせいで母親と妹ごと捕らえられてしまうベンさん。今ではローマ兵の司令官となった親友メッサーラに誤解であることを訴えますが、メッサーラは聞き入れず、ベンさんを奴隷船送りにします。その際ベンさんは、メッサーラに必ず復讐することを誓うのです。
で、その後徳丸がおフロ入ってる間になんか戦闘が起きたようで、フロ上がりに再び観てみると、こじんまりしたイカダの上にベンさんと、奴隷船の指揮をとってた執政官の方が乗ってました。
で、執政官を救った手柄により、ベンさんは奴隷の身分から解放され、なおかつ執政官に気に入られ、彼の養子となるのです。まさに一発逆転の人生です。

しかし気になるのはベンさんの母と妹の行方。生きているのか死んでいるのかもはっきりせず、ベンさん同様徳丸も気になって気になって仕方ありません。
いまやメッサーラと立場が逆転したベンさんは、彼に母と妹を返せと迫りますが、ようやく所在が明らかになった母と妹は、長年の地下牢暮らしで“死病”に侵されていたのでした。
ベンさんに知られたくない母親と妹は、黙って“死の谷(死病の人が集まる場所らしい)”へと向かいます。そうとは知らないベンさんは、母と妹が死んだと思ってメッサーラへの復讐を決行するワケです。

で、ここから有名な戦闘馬車のシーンへと向かいます。ここだけは徳丸も見覚えがありますが、こういう経緯があって馬車のシーンとなるんだということは、今回初めて知りました。
50年も前の映画ですからもちろんCGなどあるはずもなく、ホントに馬車走らせて撮ってるみたいですね。しかし人間が落っこちてめちゃめちゃ転げまわったり、他の馬車にものすごい轢かれたりしてるんですけど大丈夫でしょうか。メッサーラくんにいたっては、馬だの馬車だのに散々踏みつけにされちゃいますし。そりゃ死ぬだろうって感じです。
CGでは味わえないナマの迫力ってのが、画面からひしひしと伝わってきます。このシーンだけでも観る価値は十二分にあります。
良い映画はどれだけ年月が経っても色あせないってことの証明ですね。

まぁストーリーとしてはこれから瀕死のメッサーラくんより実は母と妹が生きていることを知らされるベンさんですが、憎しみで支配された彼の心を、最後はイエス様が救ってくださいます(←めちゃめちゃ端折った説明)。
家族を取り戻して、さぁこれからベンさんの英雄的仕事(ローマ軍と戦うとか〜)が始まるのかなと思ってたら、画面にあっさり“THE END”の文字が出てきてビックリしました(笑)。まぁ時間的にもストーリー的にもあれでラストなんですね。
posted by 徳丸虎龍 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:そこそこ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

Z

〈作品データ〉
「Z」
1969年 フランス/アルジェリア作品 
監督・脚本:コスタ・ガブラス
脚本:ホルヘ・センプルン
原作:バシリ・バシリコス
出演:イヴ・モンタン、ジャン・ルイ・トランティニャン、イレーネ・パパス、ジャック・ペラン、レナート・サルバトーリ、ジョルジュ・ジェレ他

むかーし観たんですよ。例によって詳細は覚えてなかったんですが(笑)、やたら長いわりに飽きっぽい徳丸が最後まで観られた事と、イヴ・モンタンのドツかれ方が不自然で、そこだけ印象に残ってました。で、今回データ取りのために見直したんですが、「あぁ、こんな映画だったのか」と今頃理解する(いつもの事だ)。

これ結局、サスペンス映画なんですね。実際に起こった野党議員暗殺事件を元にしてるらしいです。のっけから画面にでかでかとそう書いてあります。
でその殺される議員を演じてるイヴ・モンタンですが、上映時間長いわりに彼が出てくるのは合計してもほんの十数分。出てきた十分後には襲撃されるし。でそのまま死んじゃうし。でその後ジャン・ルイ・トランティニャン演じる予審判事が、集会中に襲撃されて死んだ議員の死のナゾを追っていくのです。
そもそも、議員が襲われた時、周りじゅう人だらけで詳細を目撃した人物は少ない。しかもどうやら犯行のウラには、組織ぐるみのニオイがプンプンする。これは陰謀か?一部の人間が暴走しただけなのか?スリルですねぇ。サスペンスですねぇ。

まぁ、捜査がどんどん進むにつれ、激しくなる妨害が事実を物語ってるようなものですけどね。こういう強権力発動型、徳丸は大キライなんでイ〜ッとなります(訳:ものすごくムカつく)。
しかも全然事件は解決せんし。あらゆる妨害にもめげずに予審判事くんは、事件に関わったであろうおエライさん方を起訴しまくりますが、実行犯たちは軽い刑で済み、起訴されたヤツらも結局不起訴。予審判事くんはクビ。なんでもありだわ。こういうの見たときだけ「日本に生まれてよかった」とうかつにも思っちゃいますね。それにしてもジャック・ペラン若いなー。
posted by 徳丸虎龍 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:そこそこ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラゴン・キングダム

〈作品データ〉
「The Forbidden Kingdom」
2008年 アメリカ/中国作品 
監督:ロブ・ミンコフ
出演:ジャッキー・チェン、ジェット・リー、マイケル・アンガラノ、コリン・チョウ、リウ・イーフェイ、リー・ビンビン他

ジャッキー&リーやんの初共演作品だっちゅーのに、何この異様なチープさ。お金はめちゃめちゃかかってるっぽいんだけど、作品自体にその金額に見合った値うちが感じられないというのはどうしたこと(笑)。
作った人はきっとカンフー映画大好きなんだろうけどね。それは感じられる。が、マニアをニヤリとさせるのと作品の素晴らしさは別物ですからねぇ。去年徳丸は危うく映画館まで観に行くところだったけど、行かなくてよかった(笑)。

物語自体はスピーディーにとんとんと進んでいくので好感がもてます。まさにムダを一切省いたエコな仕上がり。余計な説明や詳細な解説も何もなく、主人公の弱虫ボーイはいきなりファンタジーの世界へと連れていかれます。そしてそこで何の脈絡もなく登場したジャッキー扮するナゾの酔拳使いに助けられ、弱虫ボーイは自身に課せられた使命“如意棒を真の持ち主に返す”旅をしていくワケです。

まぁ如意棒といやぁ孫悟空で、孫悟空といえば『西遊記』です。が、今回必要だったのは孫悟空というキャラクターのみだったようで、『西遊記』がらみのストーリーはほぼありません。とりあえずリーやん扮する孫悟空が石にされちゃってて、それを解放してあげなきゃいけないんですよ。で、それに如意棒が必要だと。弱虫ボーイはその使命を果たすため、“無限の門”を通ってやってきたんですって。へーそう。

画像的にはCGとか使いまくりで、役者たちもワイヤーにつり下げられまくりです。その点はまったくごまかす気がないらしく、もう見ただけで「おぉ、つられてんなー」というのがバレバレです。今のCG技術なら映像的にちょちょっとイジればワイヤーの痕跡って消せるんじゃないの?とシロウトの徳丸は思っちゃうんですが、どうなんでしょう。まぁそこまでするんならいっそアニメでいいじゃんって話なんですけど。

役者的にもジャッキーとリーやんの二人だけで人件費予算を使い果たしたのか、他のメンバーはあまりパッとしません。弱虫ボーイはぜんっぜん徳丸の好みじゃないので、ハナからムシですムシ。金つばめちゃんも…キライじゃないけど好きでもない。白髪魔女の方がカワイイし。ラスボスもなんだかねぇ。なんでサモ・ハン・キンポーにしなかったのか(笑)。
posted by 徳丸虎龍 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:そこそこ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

〈作品データ〉
「Il Bidone」
1955年 イタリア作品 
監督・脚本:フェデリコ・フェリーニ
脚本:エンニオ・フライアーノ、トゥリオ・ピネッリ
撮影:オテロ・マルテッリ
音楽:ニーノ・ロータ
出演:ブロデリック・クロフォード、ジュリエッタ・マシーナ、リチャード・ベイスハート、フランコ・ファブリッツィ他

徳丸の中で最も重要な映画『道』のスタッフが手がけた作品。まぁ『道』よりかは数段ランクが劣りますけど(笑)。ジュリエッタとリチャードが今度は夫婦役ですが、ジュリエッタなんて今回はほんのチョイ役です。何しに出てきてんって感じです。彼女の扱いに徳丸は不満アリアリ。リチャードも終盤まったく出てこなくなって、ホントに何やねんって感じです。この二人を出す意義がないやないかい。引っ張るだけ引っ張っといて、ささっとはしごをはずされた感があります。リチャード演じるピカソとその妻イリスを演じたジュリエッタ。せっかくだからこの夫婦のその後も描いてもらいたかったですねぇ。ぷんぷん。

物語は詐欺師である主人公のアウグストが、いっぱい罪を重ねてついに捕まり投獄され、出てきたところにまたもや悪さをやらかし、しかしそこで仲間を裏切って金をくすねようとしたところをバレて半殺しにされ、最後は崖のところに放置されて死ぬ(たぶん)というナイスストーリー。ざっと書いたら数行ですむようなあらすじですが、さすがにそこはフェリーニ。随所でろくでなし親父アウグストの孤独を浮かび上がらせます。

徳丸はどちらかというと、フェリーニ作品は白黒の方が好きかな。カラーだとフェリーニの個性がドぎつ過ぎて(笑)、そっちばかりに目がいきがちになるので。白黒の方が落ち着いて観られます。
で、今回の主役ブロデリック・クロフォード。おっさんです。やや猫背の姿勢と人生に疲れ切ったような後ろ姿。個人的に徳丸の叔父を彷佛とさせて、見てるとイラッと来ます(笑)。
しょっぱなから「おそらくコイツ、まともな死に方しねーだろうな」とうっすら思わせますが、ホントにその通りになります。コイツの最初の仲間がリチャードなので、徳丸はリチャードもろくな死に方せんのだろかとやや不安でしたが、先にも述べた通りアウグストがムショから出てきてから、リチャード演じるピカソはピカソのピの字も気にしてもらえんので、そこんところはちょっと安心でした。おそらくアウグストがいなくなって、音頭とる人もいないので、ピカソも堅気に戻ったんでしょう。ジュリエッタと娘のためにもそれが一番イイ選択よ。

かわいそうなのはアウグストの娘。目の前でお父さんが連行されるのを目撃しちゃいます。パパが詐欺師だなんて知らんだろうしね。この妻子とは別居してるっぽいんですが、ピカソには「家族なんてジャマだ」とか偉そうに言っときながら、お前こそ何やねんって話です。娘にはデレデレじゃないですか。
ラストでアウグストがいきなりなんで仲間を裏切ったのかは知りませんが、娘に金を送る気だったのかな。おそらく小児まひの女の子に会って心を動かされたのは事実なんでしょうけど、しかしやっぱりお金は取っちゃうもんねってところが悪党らしくてイイなと。変に心変わりされてお金返されても空々しいですしね。
悪党は悪党らしく崖で放置され、ひとり寂しく死んでいくのだ。これでいいのだ(←誰?)。
posted by 徳丸虎龍 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:そこそこ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

五毒拳

〈原題・製作年〉五毒(1979)
〈製作国〉香港
〈監督・脚本〉チャン・チェ
〈出演〉フィリップ・コク、スン・チェン、チアン・シェン、ルー・フェン、ウェイ・ペイ他
〈一口メモ〉なんでしょうかコレは(笑)。のっけからいきなり「五毒拳とはなんぞや」みたいな説明が始まるのですが、そのトンデモ設定に愕然とする事うけあいです。まぁオモシロイから許すけど。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | お気に入り度:そこそこ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

続・片腕必殺剣

〈原題・製作年〉獨臂刀王(1969)
〈製作国〉香港
〈監督・脚本〉チャン・チェ
〈出演〉ジミー・ウォング、チァオ・チァオ、ティエン・ファン、ワン・ピン、クー・フェン、ティ・ロン、ラウ・カーリョン他
〈一口メモ〉コイツはすさまじい(笑)。前作より血のりの量や、殺戮シーンの残虐さがグレードアップしてます。…が、それと同時におトボケぐあいもかなりグレードアップ。ツッコミどころの多さは軽く前作をしのぐでしょう。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:そこそこ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

片腕必殺剣

〈原題・製作年〉獨臂刀(1967)
〈製作国〉香港
〈監督・脚本〉チャン・チェ
〈脚本〉ニー・クァン
〈出演〉ジミー・ウォング、チァオ・チァオ、ティエン・ファン、ヤン・チーチン他
〈一口メモ〉出たわ!!WOWOWの「ショウ・ブラザース作品特集」の中の1本。あるアクシデント(?)で右腕を斬り落とされた主人公が、左腕だけで剣を使い、強敵に立ち向かっていくサマを描いてます(←めちゃはしょった説明だけど)。言うまでもありませんが、まったくもってワンシーンごとに、ツッコミどころのオンパレードです(笑)。ま、それが楽しみで観てるんだけどっっ♪
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:そこそこ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

新・少林寺三十六房

〈原題・製作年〉霹靂十傑/Disciples of The 36th Chamber(1985)
〈製作国〉香港
〈監督・出演〉ラウ・カーリョン
〈製作〉ラン・ラン・ショウ、ウォン・カーヒー、モナ・フォン
〈出演〉シャオ・ホウ、リュー・チャーフィ、パイ・ピョウ、リリー・リー他
〈一口メモ〉コレおもしれー(笑)。最近鑑賞した映画の中では、一番食い付いて観た作品かも。やはり少林寺シリーズはおもしろいです。笑えます。でも今回はなんと、リュー・チャーフィが主演ではないのですよ。なんだかすっとぼけた、お調子者が今回の主役です(←いやまぁ、主演の子がそうだというワケではなくて、そういう役なんですけども)。したがって前2作品よりもリューは、一歩下がった扱いにはなってます…が、クライマックスではやはり大活躍してくれます。まぁなにしろ、この映画のラスト20分間は、まるでリオのカーニバルのような(笑)とんだ騒ぎになってますから、開いた口がふさがらない事うけあいですよん♪
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:そこそこ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。