2009年03月15日

幻の娼婦

〈原題〉Sex and the Married Detective
〈演出〉ジェームズ・フローリー
〈脚本〉ジェリー・ラドウィグ
〈日本語訳〉額田やえ子
〈出演〉ピーター・フォーク(石田太郎)、リンゼイ・クルーズ(鈴木弘子)、ジュリア・モンゴメリー(井上喜久子)、マーゴ・レドモンド(麻生美代子)、スティーヴン・マット(堀之紀)他
〈一口メモ〉コレもたぶん幼い頃に徳丸観てますねぇ。なんとなくうすぼんやりとした記憶があります。だがしかし、例によって何も覚えてませんけど(笑)。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事コロンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

狂ったシナリオ

〈原題〉Murder, Smoke and Shadows
〈演出〉ジェームズ・フローリー
〈脚本〉リチャード・アラン・シモンズ
〈日本語訳〉額田やえ子
〈出演〉ピーター・フォーク(石田太郎)、フィッシャー・スティーヴィンス(池田秀一)、モリー・ヘイガン(佐々木優子)、ナン・マーティン(此島愛子)、スティーヴン・ヒル(池田勝)他
〈一口メモ〉なんでしょうコレは。えらく芝居がかってます。内容と合わせて、視覚効果に重点をおいて演出しているのでしょうか。そのせいなのかなんなのか、犯人にしろストーリーにしろ、えらくうすっぺらです。新シリーズには旧作の重量感とか渋さとかは求めてはいけないんでしょうか。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事コロンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汚れた超能力

〈原題〉Columbo Goes to The Guillotine
〈演出〉レオ・ペン
〈脚本〉ウィリアム・リード・ウッドフィールド
〈日本語訳〉額田やえ子
〈出演〉ピーター・フォーク(石田太郎)、アンソニー・アンドリュース(野沢那智)、カレン・オースティン(藤田淑子)、アラン・ファッジ(樋浦勉)、アンソニー・ザーブ(阪脩)他
〈一口メモ〉なんか原題がすごいですが、今回より新シリーズに突入ということで、コロンボの声も小池朝雄さんから石田太郎さんにバトンタッチです。徳丸にとって幼い頃「金曜ロードショー」で観ていたシリーズがこのへんということになるので、旧作よりこちらの方が慣れ親しんでるはずなんですが、なぜだか旧作の方がしっくりきます。新作になると、演出がやたらと派手になるし、リアルさを追及していた(…かどうか知らんが)旧作よりも、役者の芝居がなんとなく芝居がかってる(←自己矛盾)気がして鼻につくんですよね。コロンボもじいさんになっちまってるし(笑)。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 刑事コロンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

自縛の紐

〈原題〉An Exercise in Fatality
〈原案〉リチャード・レビンソン&ウィリアム・リンク
〈演出〉バーナード・コワルスキー
〈原作〉ラリー・コーエン
〈脚本〉ピーター・S・フィッシャー
〈日本語訳〉額田やえ子
〈出演〉ピーター・フォーク(小池朝雄)、ロバート・コンラッド(日下武史)、グレッチェン・コルベット(三田和代)、パット・ハリントン(寺島幹夫)、コリン・ウィルコックス(藤野節子)他
〈一口メモ〉犯人に対して常にひょうひょうとしているコロンボ警部ですが、今回はめずらしく声を荒げるシーンが観られて貴重です。またこれ、今回の犯人もコロンボ警部に負けず劣らずイヤミったらしくてネチっこく、なかなか口を割りません。というか最後まで自分の罪を認めません。そりゃさすがのコロンボ警部も怒るわな。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事コロンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝砲の挽歌

〈原題〉By Dawn's Early Light
〈原案〉リチャード・レビンソン&ウィリアム・リンク
〈演出〉ハーヴェイ・ハート
〈脚本〉ハワード・バーク
〈日本語訳〉額田やえ子
〈出演〉ピーター・フォーク(小池朝雄)、パトリック・マクグーハン(佐野浅夫)、バー・デベニング(徳丸完)、マデリーン・ソントン・シャーウッド(高橋和枝)、トム・シムコックス(堀勝之祐)他
〈一口メモ〉30代ド真ん中の徳丸は、米軍が訓練中とかに歌うアノ歌を聞くと、どーしても「ファミコンウォーズが出♪たぞ〜♪♪」と口ずさみそうになります。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事コロンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

白鳥の歌

〈原題〉Swan Song
〈原作・原案〉ウィリアム・リンク、リチャード・レビンソン
〈演出〉ニコラス・コラサント
〈脚本〉デイヴィッド・レイフィール
〈日本語訳〉額田やえ子
〈出演〉ピーター・フォーク(小池朝雄)、ジョニー・キャッシュ(外山高士)、アイダ・ルピノ(麻生美代子)、ジョン・デナー(小林修)、ソレル・ブーク(大山豊)、ビル・マッキニー(伊武雅之)他
〈一口メモ〉ジョニー・キャッシュといやあ、徳丸には名前を聞いた事がある程度といった知識しかないのですが、こぉんなお仕事もなさってたんですね。さすがにスターのオーラをまき散らしてますが、ネチこいコロンボの前ではそれが何の役に立つワケでもなく、あえなく敗退です(笑)。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事コロンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

「刑事コロンボ」放映開始

今年に入ってから、NHKのBSハイビジョンで土曜夜に放映されております。もちろん徳丸は毎週欠かさず観ておりますが、記録つけるのすっかり忘れてました。で、今さらですがすでにうろ覚えの記憶をたどりながら、視聴済みの1〜5回放送分の感想だけ述べておこうと思います。
→雑感
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事コロンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。