2010年09月19日

地中海殺人事件

〈作品データ〉
1982年イギリス「Evil Under The Sun」
監督:ガイ・ハミルトン
原作:アガサ・クリスティー
出演:ピーター・ユスチノフ、ジェーン・バーキン、ロディ・マクドウォール、ダイアナ・リグ、マギー・スミス他

最近、なんかやたらとNHKのBSハイビジョンでクリスティー作品放送してるなと思ったら、なんと生誕120年ですって。それで続々といろんな作品を流してるみたいです。
で、その選ばれた輝かしい作品のひとつが、よりによってこのピーター・ユスチノフ主演のポワロ。なんでまたピーター・ユスチノフやねん。ていうか徳丸的にはせっかくクリスティーの生誕120年なんだし、ここいらで思い切ってデヴィッド・スーシェ版ポワロの再放送をぶち上げてもらいたいものですが。これまでの20年分の作品を、毎日毎日観られる日々。オゥ想像しただけでヨダレが出てきます(笑)。

まぁスーシェ版ポワロはこのあと新作4本放送されますからそちらを期待するとして、こちらのユスチノフですよユスチノフ。どうも彼が演じるとポワロさんが小馬鹿にされてる気がしてなりません。なんですかあの水着姿は。残念ながら徳丸は原作「白昼の悪魔」を読んでいないので、ポワロさんが海水浴するシーンがあるかどうかは定かではないのですが(確かスーシェ版では泳ぐシーンってなかった気がしますが)、なにもあんな屈辱的シーンにするこたぁないでしょう。

そいでもって肝心のストーリーの方ですが、こちらはいたってサクサクと進みます。絶対何も考えず行き当たりばったりに捜査してるとしか思えないユスチノフのポワロが、真相を誰に教わったのか、ラストでは見事に謎解きしてくれます。しかしトリック的にはけっこううまい作品ですよね。もうちょっとで完全犯罪だったのに。惜しかったですな。
posted by 徳丸虎龍 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り度:がんばれ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。